看護師求人~看護師の就職・転職先「企業」~

企業で働く看護師の仕事とは?


看護師求人~看護師の就職・転職先「企業」~



多くの方が、看護師の就職・転職先と言えば?と聞かれれば、「病院」と答えるでしょう。 当の看護師の中にも、求職活動をするのであれば病院へ・・・と考える方が多いはずです。

しかし、看護師が活躍する現場は病院だけとは限りません。様々な選択肢があり、 看護師はその中からより自身の希望に近い就職・転職先を選ぶことが出来るのです。 自身にマッチした求人と出会うためにも、どのような働き方があるのかを知り、また 自分にはどのような選択が向いているのかを考慮する必要があると言えるでしょう。

ここでは、病院ではなく企業で活躍する看護師についてご紹介します。

数ある准看護師の転職情報の中で、病院以外の求人として企業求人が増加してきています。 一般的にイメージされがちな病院への就職・転職ではなく、一般企業への就職・転職をする看護師が存在しているのです。

看護師バイトが担っている企業での役割では、いくつかの種類があります。 まずわかりやすい役割として、企業内の診療所で従業員の健康をサポートしたり、 生活習慣病やメタボリックシンドロームを食い止める為健康診断や 健康指導・教育などを行ったりする産業看護師があります。

近年では、従業員のメンタルヘルスケアを行う企業もあり、看護師の需要がますます高まっているようです。また、産業看護師以外では治験コーディネーター(CRC)としての企業就職も存在しています。

新薬の開発で行われる臨床実験である治験の現場では、医師や被験者、製薬会社、看護師など、 様々な立場の方が存在しており、治験コーディネーター(CRC)は各々の立場を繋ぐ橋渡しのような役割を担っています。

看護師として培ってきたコミュニケーションスキルや、医療知識が活かせる転職先として近年瞑する事に増えきた職業ですね。

産業看護師と治験コーディネーター(CRC)とでは、業務内容は大きく異なります。しかし、どちらにも共通しているのは一般企業への就職であるという事です。医療現場に縛られず、様々な働き方を視野に入れる事で、よりイキイキと活躍できる職場に出会えるのではないでしょうか?

新人看護師と転職の悩み

先日知人の妹さんから相談を受けました。彼女は総合病院内の整形外科病棟で新人看護師をしています。

急性期の病院のため、色々な勉強が出来る上にテクニックや知識を高められると考え選んだ就職先だったそうですが、あまりの忙しさと新米ゆえに応用が聞かない部分からミスを重ねてしまって、だいぶ落ち込んでいる様子でした。

自分だけならいいけれど、患者さんやカバーしてくれる先輩に迷惑をかけてしまうのが心苦しかったそうです。思いつめた様子で、そんなに患者数の多くない透析クリニックに転職を考えている、と言っていました。

ただ、半年もたっていない自分が転職なんて無理かもしれない、ということでも迷っているようです。

みなさんだったら、この様な時はどうしますか?新米看護師の頃というのは、胸に抱いていた憧れと現実にいる世界との差に凹むことも多いものです。恐らくこれは看護師だけではなく、社会人でしたら誰もが経験することなのではないでしょうか。

答えから先に言ってしまうと、やめるのはもう少し待った方がいいかな、ということを彼女には伝えました。

なぜなら今の職場から別の職場に移動しても、恐らく同じ事で悩むからです。科目によって患者さんのカラーは違うと思うのですが、透析もかなり個性的なカラーの患者さんは少なくありません。

長期間透析をしている患者さんはその辺にいる新米看護師よりもずっと病気のことを理解していて、慣れた看護師さん以外にはケアされたくない、という方もいます。きついあたりをされることもあるでしょう。そのような時に続けていく強さはあるでしょうか。

医療や看護の現場というのは自分の成長が頼みの綱です。ですが一朝一夕で成長というのはできませんよね。ポジティブな気持ちで、あえて難しい病院を選択した彼女はとても熱心な看護師さんだと思います。地道に一歩ずつ努力を重ねる事で、きっと彼女は大きく成長できるでしょう。

経験を重ねる事で応用する力も蓄えられます。迷惑をかけてしまっていると感じている先輩看護師さんたちも、始めはみんな新米看護師です。どんなシーンでも、成長したい、学びたいと思う気持ちが大切だと思います。

彼女が成長できるのが急性期なのか、整形外科なのか、はたまた透析なのか、それはやってみなくてはわかりませんが、知りたいと思う心と、学びたいと思う気持ちさえあれば、目の前の壁もチャンスに変わっていくでしょう。

看護師は転職の多い職業ですが、あまりに転職が多いと、受け入れてもらいにくい経歴になってしまいますので、まずは落ち着いて、自分の気持ちを確認することを始めてみて欲しいと思っています。

助産師になりたい看護師の悩み

助産師になりたいと考えている看護師さんがいました。彼女は二人のお子さんがいるママさん看護師、10年近いブランクがありましたが急性期の病院に勤めてもうすぐ1年、オペ室担当の看護師をしています。

オペ室というのは学ぶことも大変多いために、日々時間に追われているのが通常です。このような状態では助産師になるための試験勉強どころではなく、助産師学校に入りたい、という夢は余りにも遠いと感じていたそうです。

助産師になるためには、助産師学校に入る事が求められ、そのためには受験勉強が必要となる。

ですから家の近くにある個人病院に転職する事で、受験勉強をする時間を作り出そうとしていたそうなのですが、周囲の友人からは、勤めてから一年も経ってないのに転職なんて!…と止められているそうです。実際このようなケースでの転職は、不利になるものなのでしょうか。

先に答えを書いてしまうと、「目標が助産師」ということであれば、転職はよいことだと思います。それもできるだけ早く転職して、助産師になるための勉強を始めてもらいたいくらいです。

「助産師になりたい」というはっきりとした目標を掲げているわけですから、ポジティブな転職理由だと、雇用先の病院にも受け止めてもらえると思います。

反対に目標を持っている人が、長期間忙しい科目で働いている方が問題があります。時間に追われる事が日課の部署では、退職したい時に退職できなくなってしまうからです。オペ室は中でも専門性が高いですよね。

新しく入ってくる人を探すのが大変な部署ともいえます。補充者が見つからないと、辞めてしまう人が出たあとは欠員となってしまうため、退職延期を言い渡されることも考えられるでしょう。ですからなるべく早く上司に退職の相談をし、新しい勤め先を探す事がオススメです。

面接の際には、きちんと「なぜ転職したいのか」を伝えるようにして下さい。期間を決めて採用の求人を出している医療施設もありますので、期間中は学びながら業務をこなすことを伝えられれば大丈夫です。

勤務しながら勉強もこなすという姿はプラスのポイントとなります。 ぜひ勉強ができる環境を探し、助産師を目指して貰いたいものです。

↑ PAGE TOP