看護師の就職・転職先「保育園・幼稚園」

子供の健康を守り保育園看護師


看護師の就職・転職先「保育園・幼稚園」

看護師の就職・転職先は病院だけではありません。病院ではない現場で活躍する看護師もたくさん存在しています。就職・転職活動を成功させる為にもっとも重要な事は、いかに自分自身にマッチした 求人と出会う事が出来るかどうかといっても過言ではありませんね。

病院に限らず様々な選択肢を知る事で、よりあなたらしくイキイキと活躍できる職場との出会いを叶える事が出来るのではないでしょうか?

ここでは、看護師が病院以外で活躍する職場の一つとして保育園・幼稚園での勤務についてご紹介致します。保育園看護師、幼稚園看護師の仕事は、どちらも園児達の健康管理です。

保育園と幼稚園の大きな違いとして、保育園が0才〜5才までの未就学児が対象、幼稚園は3才〜5才までの未就学児が対象となっている点が上げられます。どちらも小さな子供を対象としており、また配置される看護師は一人ですので急な発熱や傷から大きな病気・怪我まで、一人で適切に対処する必要があります。

幼稚園・保育園と、対象となる年齢に違いがありますが、いずれにしても小さな子供と接する事が得意・好きである必要があるのではないでしょうか。日頃の園児とのコミュニケーションが、その子の小さな変化に気付くヒントになるはずです。

もちろん、健康指導やアドバイスなどで職員や保護者とのコミュニケーションを欠かす事は出来ませんのでコミュニケーションスキルが問われる職場でもあるでしょう。

また、保育園看護師・幼稚園看護師のメリットとして夜勤が存在しない点も上げられるでしょう。 収入面はその他の病院と比べ高いとは言えませんが、プライベートの確保に困らない利点があります。

保育士や栄養士とは異なり、看護師の配置は義務づけられているものではありませんので、全ての保育園・幼稚園に求人がある訳ではありません。求人数が少ない事、また比較的人気の高い職場である事から、 いかに早く・多くの求人情報を収集するかがポイントとなるでしょう。

↑ PAGE TOP