患者から見た看護師という職業

患者は看護師のことをどう思っているのでしょうか?


患者から見た看護師という職業

今、手に職を付けたい女性に人気の職業といえば看護師だと感じています。再就職も自分の行きたいレベルに合わせてもいいし、収入に合わせても、やりがいに合わせても選べるところが多いのもいい職種だと感じています。

心配なくひとりで生きて行ける職業だとも思っています。やりがいはもちろんあるし、命の現場に一番近いのでとても強い精神力や意志のもとでやられてる仕事だとも感じています。

弱い精神力では出来ない大変な仕事だと思います。そして相手に思いやれる人や気配りできる人、まずは自分の健康管理も必要です。そして患者様の家族とも関わって行くことが多いのでコミュニケーション術も必要だと思います。

でも関わってた人が死に直面する背景を追いつづけて、看護していく姿は家族とは違う存在ですが、大事な仕事だと思います。ある時は恨まれ、またある時は感謝されたり本当に大変な面も沢山ありますが、わたしにはとても羨ましさもあります。

私自身も入院中は看護師さんにはお世話になりました。長い入院生活退屈で仕方ありませんでしたが、自分の病気には症状がなく、健康診断で病気が発覚しました。すごくショックでした。

何がショックなのか、入院生活を送ることも、やりたいことが沢山あったのに病気でできなくなりました。まず、健康でなくなったことにショックを受けました。仕事のこともあるし、これからのこともあるし、不安ばかりのまま入院生活、治療が始まりました。

いろいろ病気のことをネットなどで調べてひとりで不安になった日々もありました。看護師さんにもよく相談したり、話しを聞いてもらったりしました。たまたま私が入院した病室には私よりも大変な症状の方もいました。

看護師は患者一人ひとりの病状を把握し、十人十色である性格に合わせたケアをしなくてはなりません。看護の知識や技術だけではなく、同時にコミュニケーション能力も求められる大変な仕事であるのだなと、痛感しました。

↑ PAGE TOP